取り組み

働きやすい職場環境づくり

子どもたちに寄り添い保育を行なうためには、そこに関わる職員の余裕とゆとりが欠かせません。
小倉新栄会保育園で行なっている、ICTツール導入による業務効率の改善、
事務時間の確保・行事に向けての準備計画など、
職員がゆとりをもって働くための取り組みを紹介いたします。

ICTツールを導入による業務の効率化

ICTツールを導入による業務の効率化

小倉新栄会保育園では、事務作業や保護者への連絡など
多岐に渡る現場保育士の負担軽減を目的に
ICTツールの導入を行なっています。

積極的にICTツールを活用することで、
効率化を図り、土曜日や日々の保育人数などを考慮して
事務時間や作業時間を確保し、
残業時間の削減につなげています。

時期にもよりますが平均すると
残業時間は月4時間を目安にしています。

ICTツールを導入による業務の効率化

職員会議によるコミュニケーション強化

職員会議によるコミュニケーション強化

職員会議によるコミュニケーション強化

小倉新栄会保育園では
職員間のコミュニケーションをとても大切にしています。

そこで私たちは定期的な職員会議の場を設け、
日々の保育のふり返りや情報共有だけでなく、
職員個人が想いをしっかりと話ができるように努めています。

職員が楽しく働くことができてこそ、
子どもたちを笑顔にすることができると思い、
日々職場環境の改善と向上に取り組んでいます。